ワーク・介護・バランス

遷延性意識障害の母とともに『仕事』も『介護』もあきらめない!

優先の方の遠慮はちょっと、、

ボックス席の電車に乗ったときのこと

 

 「空いてないねー。空いてないねー」

と子供が大きな声でママに話しかけながら

私の背後からあるいてきた

 

そのまま私の横を通り過ぎたとき

本を読んでいた私は一瞬だけ目を上げた

 

そうすると

子供を連れているだけでなく、

片手に幼児を抱きかかえ、

もう片方には折りたたんだ乳母車、

もとい!ベビーカーを持っていた

 

どう見ても大変そうな様子で

席を譲らないとまずいな、と内心思いつつ

ついつい、これからの道中が長いことを考えて

良くないことがだちょっと躊躇してしまった

 

でも、周りの人は誰も立たないので

さすがにまずいと思って

腰を浮かせ立ち上がろうと前を向いたとき

だーれも座っていない優先席が目に入った

 

えっ?

空いてるじゃん

優先席空いてるのに座らないの?

私、譲る必要ないよね?

と、なんか腑に落ちない感情になり

浮かした腰をまたおろした

 

とそのとたん

ママさんは私の横をまた通り過ぎ

移動を始めた

 

譲らなかった私は正直気にかかり

座れたのだろうか心配で

振り返ると、

通常の席もパラパラと空いているではないか

なんだよ!

 

で、結局

その親子や普通にボックス席に座っていた

 

私が状況わからずかっこつけて

席を譲っていたら

おそらく断わられていただろう

 

結局譲ってないのだから

偉そうなことは何も言えないが

やっぱりシーーんとしている車内で

譲るために

声をかけるのは少し勇気がいるわけで、、、

それを断られると

やっぱりちょっと寂しい気持ちになるわけで、、、

 

最初から座りたくないというのなら

いいのですけどね

でも、座りたいお気持ちがあるのでしたら、

席が空いていたら

できることならすぐ座っていただきたい!

そんな風に思うわけです。

 

優先席に優先席でお座りになれるかたは

どうか、堂々と座ってくださいまし。

 

ピンピンした若者が譲りもせず座っていたりする

現状はあるけどね