ワーク・介護・バランス

遷延性意識障害の母とともに『仕事』も『介護』もあきらめない!

歯ぎしり

 

約2年前くらいから、突然母は起きているときに

歯ぎしりをするようになった

ひどいときは、日中の半分くらい

ずーっと、歯ぎしりをしていた

 

きっかけは

おそらく訪問歯科のときの

歯石取りだとおもう

 

ガリガリガリガリ金属音が頭に響き

よっぽどいやだったんだろう

そのあとから歯ぎしりをするようになった

 

歯医者さんが歯石を取りはじめたときに

嫌がる母がかわいそうで、

やめてもらいたかったけど

言えずにいた

 

歯ぎしりが始まったときは

とても後悔したが

実は、良かったこともあり

徐々に歯ぎしりをする時間も減り

いつの日か、嫌と思うときに歯ぎしりをする

唯一の母の意思表示になった

 

今は、痰が出たときや、体交のとき、

夜中、向きを変えてほしいと

私を呼ぶとき、何かが嫌なとき

その時にしか歯ぎしりをしなくなった

 

歯がすり減ってきていて

負担を考えると心配だけど

とっても大切な機能のひとつだ