ワーク・介護・バランス

遷延性意識障害の母とともに『仕事』も『介護』もあきらめない!

気切の中で痰が固まってしまう

遷延性意識障害の母は

入院時からずっと気管切開をしている

最近、痰が固くて

気切の中で痰が固まってしまう

 

最初の変化は年末くらいだったと思う

痰の量がめっきり少なくなった

吸引してもあまり取れないことが多く

夜間もほとんど吸引の必要がなくなった

 

とにかく今年の冬は雨が降らず

東京では

乾燥注意報が毎日出るほどだった

そのカラカラが原因かな、と思っていた

 

1月中旬あたりからは

日中の痰の量は通常に戻ってきたが

透明でサラサラの痰ではなく、

白く濁ってドロドロと粘着質のある痰が続いた

 

それから、

朝いちばんの吸引では緑色の痰が出るようになった

緑膿菌という菌に感染しているから緑色になるのだと

以前、ヘルパーさんに言われた

 

緑色の痰については

ドクターもそれほど心配することではないと言っていたので

今回もずっと様子を見ていた

 

でも、1か月も続き

その緑色の痰が気切の中で固まるようになって

なんだか一向に良くならないので

念のため、血液検査をしてもらった

 

その結果はCRPがそれほど高くなかったので

心配ない、とのことだった

 

病気としての心配はなくなったが、

痰がやわらかくなったわけではないので

とにかく、気切の中で固まらないように

吸引時はできるだけネブライザーをすることで

とりあえずしのぎ、

春を待つことにする

 

あまり心配だ、心配だ、と騒ぐと

薬が増えちゃうかもしれないので

それはそれで嫌だしね

やっぱり様子をみるとしよう