ワーク・介護・バランス

遷延性意識障害の母とともに『仕事』も『介護』もあきらめない!

舞台「幸福の職場」

先日、障がい者の就職をテーマにした実話、

「幸福の職場」という舞台がCSで放送されていた

昭和30年代に実際にあった話を題材しているとのこと

 

近年は、

障害を持つ方が働いていることに

特に違和感もなく、

当たり前の光景として受け取っているが、

今から約60年前、

知的障害を持つ人が働くなんてありえない、

働けるはずがない、と思われていたらしい

 

日本という国の

障がい者の方々に対する考え方や施策など

これまでの信じられないほどの残酷な歴史を知れば

それも納得だ

 

日本人であることが恥ずかしく

なんて最低な国民なんだと

悲しくなる瞬間だ

 

残酷な歴史もあるが、

こうして、常識を覆し

前例を打ち破った勇敢な人がいたから

今がある

それも歴史だ

 

誰かの後ろを歩くのはとても楽

でも、違うと思ったら

たとえ自分ひとりになろうとも

自分が正しいと思える道を歩く勇気を持ちたい

 

固定概念や常識にとらわれず、

正しいと判断し、正しい行いができる

そんな人間でいたい!