ワーク・介護・バランス

遷延性意識障害の母とともに『仕事』も『介護』もあきらめない!

浮雲のように儚い

土曜日、休日出勤をして

うんと仕事が片付いたので清々しい気持ちで家に着くと

「来月いっぱいでやめることになりました」

と、心から信頼していた、かわいいかわいいヘルパーさんに

淡々とそう言われてしまった。

 

絶句。

言葉が出ない。

でも、困らせたくなかったので、

「そ、そうなんだ。来月いっぱいですね。

そうですか。わぁ~、困った。でも、はい。わかりました。。。」

 と、できるだけ顔色を変えずにがんばった。

でも、、、、、、ショック。

 

会社を辞めずにこうして仕事と介護の両立ができているのも

理解ある会社とお願いしている3人のヘルパーさんのおかげだ。

信頼できる方々と出会えて本当に恵まれているな、と思う反面、

こんな恵まれた状態がずっと続くなんてことはないから、

と、どこかでいつも不安な気持ちはあった

でもまさか、そんな日がこんなにも早く来るとは。。。

 

母と自分の生活は、多くの方に支えられて成り立っている

その一人が欠けるだけで、あっけなく崩れてしまう

私一人ががんばったって成立はしない

そう痛感した。

 

くやしいけど

わたしたちの生活は

浮雲のように儚いのだ

 

なーんて、落ち込んでても始まらない!

とにかく

何がなんでも

あと1か月で新しいヘルパーさんを探さなきゃ!