ワーク・介護・バランス

遷延性意識障害の母とともに『仕事』も『介護』もあきらめない!

水頭症は悪化はしていなかった

事故見渋滞で病院まで1時間もかかった

事故見渋滞っていったいなんだろう?

やじうま行為は人間のみっともないところの一つだと思う

普段は隣に住む人のことも気にかけないのに

人が事故や災難などに会うと興味を持つ

 

病院について先生にすぐ呼ばれた

先日受けたCTの結果を聞かせていただけるとのこと

 

脳室は大きくはなっていなかった

なんとかキープできて悪化はしていない

ほっとした

(今日のうれいいこと1つめ★)

ただ、小さくもなっていないけど・・・

 

毎日10回ほどシャントシステムのところを

プッシュしていただき、髄液を流している

 とりあえずは効いているということで

これからもその処置をし続けていただくことになった

 

症状としては、歩行練習のときにも

頭が左右に少し動くなど、少しずつだが

変化が見えると言っていただいた

必ずしもCTで見た状態と実際に起きている症状が

同じではないとのこと

 

先生が月曜日までお休みとのことで

数名の看護師さんに処置の仕方を指導されるとのことで

部屋に来られた

 

その後も、理学療法士の方が担当の看護師さんに

うつぶせの体勢の指導をするために部屋に来られた

 

みなさんに一生懸命にいろいろ考えていただき、

本当に感謝の気持ちでいっぱいだ

 

その際に理学の方からもあらためて

歩行の際に音がするほうに頭を動かしていたと教えていただいた

患者さんたちが話している方を見たり、

大きな音が鳴ったときにそっちを見るように動いたとのこと

(今日のうれしいこと2つめ★)

 

正直、音が聞こえているのか心配だったが

聞こえていそうだ