ワーク・介護・バランス

遷延性意識障害の母とともに『仕事』も『介護』もあきらめない!

がんばろうね

今日はナースステーションの前で

ちょうど経管栄養中だった

また目を閉じて

 

久しぶりにお会いする方々が

母と違って回復している姿を見て

どうして母は回復しないのだろうか

人と比べることではないと

よくわかっているつもりだが

とても落ち込んだ

 

部屋に戻り

19時前にはストレッチを終える

 

右足の硬直もだいぶよくなった

いいことがあるのに

どうしても落ち込んでしまって

元気が出ない

 

こんな気持ちで母に接しているのが

申し訳ない気持ちでいっぱいになった

 

母は母だ

母のペースで、母なりにがんばってくれれば

それだけでいいじゃないか

 

 そういえば、お茶の入った湯呑を持たせ

口元に持っていったら

湯呑が口についているのがわかっているように

ほんの少し口をゆがませた

反応しているように見える

 

ちょっとだけど

変化が見えている

それでいいよね

お母さん、がんばろうね。

 

病院に向かうときの空がきれいだった

 

【295日】リハビリ病院再々再転院から13日目

---------

病院:17:00-22:00

熱:

SpO2:

脈:

血圧:

開眼:ずっと寝ていた

痰:多かった

---------

天気:晴れ

最高気温:35.3℃

最低気温:27.0℃

湿度:49%