ワーク・介護・バランス

遷延性意識障害の母とともに『仕事』も『介護』もあきらめない!

【282日】3回目のシャント手術16日後

病室に上がるエレベーターで

理学療法士の方と一緒になった

さきほどリハビリをしていただいたらしい

車椅子に乗ってますよ

と言っていた

 

大きく体が傾き、かつおしりがずれたままだった

このままでは腰を悪くしてしまうので

頭を傾かせ、脚を台に載せて

フラットに近い体勢にして

ベッドへの移動を待った

 

気切のところが赤くなったまま治らない

とても痛々しい

わからずにアルコールが入った

除菌ウェットティッシュでいつも綺麗にしてあげていた

アルコールは刺激が強く

あまり適してないとのこと

それが原因であかくなっちゃったのかな?

ごめんね

 

今はアルコールなしのやさしいウェットティッシュで

ふき取ってあげている

 

今日は比較的ずっと起きていて

言語も、ストレッチも

変わりなくこなす

 

これまでのアイスマッサージでは

口を開けさせることに自信がなかったので

小さい綿棒を使っていたが

言語療法士さんが使っている

大きい綿棒を手に入れた

これからは大きいのでやってみよう

 

目線の動かし方が

今の状況を把握したがっているような

意味があってきょろきょろしているように見えた

最近で一番しっかり目を動かしいるように思う

 

いよいよ明日転院だ

この調子でいってほしい

前回と同じように転院して早々

目が開かなくならないよう期待する

 

---------

病院:15:55-20:05

熱:36.8度

SpO2:94

脈:80前後

血圧:?

開眼:ほとんど目を開けていた

痰:

---------

天気:晴れ

最高気温:35.6℃

最低気温:26.4℃

湿度:52%