ワーク・介護・バランス

遷延性意識障害の母とともに『仕事』も『介護』もあきらめない!

【271日】3回目のシャント手術5日後

今日のCT結果で脳室が小さくなっていた、と先生

5月22日に骨を入れた頃くらいですか?

と聞くと、いや、一番効いていたころ

と言われた

いつのことだろ?

 

結局、右側に最初のシャント手術(2月4日)で埋め込んだ

シャントシステムと同じもの、

圧が可変できないものを追加で埋め込んだ

 

左側には3月25日に交換して埋め込んだ

可変式のものが入ったまま

 

二つのシャントシステムで

どちらも最大で引いている

 

これが、効かなくなって脳室がまた大きくなったり、

逆に効きすぎて脳室が小さくなりすぎると

覚醒が悪くなるとのこと

 

後者であれば、最大で引いているものを抑えるか、

よっぽど必要なければ、最初の左側のシャントシステムを

抜去する

 

前者であれば、もう手立てはない

と言われた

 

土曜日が一番覚醒がよく、昨日、今日と

少しずつ目を開けている時間が少なくなっている

これまでの9か月も

よくなったと思ったら新たな問題にぶつかった

 

あー

違う

そんなことどうでもいい

先のことなど誰にもわからない

わからない先のことを心配して

今起きている喜ばしいことを素直に喜べないなんて

 

今、目の前にいる母は

確実に手術前より目を開ける時間が増えた

それだけでいい

素直に思いっきり喜ぼう

そして神さまに感謝しよう

 

また、この先何かが起きたら、そのとき考えればいい

正解はわからないけど、

一生懸命考えて決断した答えは決して間違っていないはず

自分が選んだ道を信じるしかない

 

今日は体の震えがつづいた

クッションやバスタオルをつかって

なんとか夜の栄養までに落ち着かせた

 

熱37.6度

また熱が原因で車いすは乗れなかったとのこと

先生は熱はそれほど心配ない

手術前の髄液もきれいだったので感染もないとのこと

最短で金曜日に転院が可能になった

 

震えが続くので口腔ケアは少しだけ 

右足の力みも強く

屈伸はやめた

左足は力が入るようになったので

それはうれしい

以前に比べて立位の保持が期待できるのではないか

 

17時から19時まで目を開けて起きていた

昨日のようにぼーっとした眼球の動きもなく

しっかりしていた

痰も少なかった

咳き込むことがなかった

めずらしい

 

 

---------

病院:15:25-20:10

熱:37.6度 → 37.2度 → 37.8度

SpO2:96

脈:80台

血圧:?

開眼:17時まではたまに開眼、17-19時開眼、

   20時前、目が覚めてしっかりと開眼

痰:少ない

---------

天気:晴れ

最高気温:32.9℃

最低気温:25.4℃

湿度:63%